新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

胃がん再発症状、1分で計測 大阪市大、手術後の断面で


  • [公開日]2020.01.21
  • [最終更新日]2020.01.21

大阪市立大の八代正和准教授(がん分子病態制御学)らの研究チームが、胃がんの手術で切り取った胃の一部を調べ、胃の内側から広がったがん細胞が、外側にある腹膜に一定の距離より近づいていた場合、がんが腹膜で再発する可能性が高いことを突き止めた。

続きを読む
https://00m.in/r4NHW

ニュース選定者:中島 香織

朝日新聞デジタル
https://00m.in/OHx5b

×

リサーチのお願い