高額な新型がん治療薬「オプジーボ」の値下げ調整が難航している。患者1人で年約3500万円かかり、厚生労働省は薬価改定の時期ではないが特例で最大25%引き下げることを検討。しかし、政府の経済財政諮問会議などが「まだ高い」と待ったをかけた。

■政権幹部「25%以上、絶対やる」

 19日に予定されていた中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)の専門部会は、開催が見送られた。年内の決着をめざし、この場でオプジーボを最大25%下げる提案をするという厚労省の目算は狂った。

続きを読む
http://www.asahi.com/articles/ASJBL66W7JBLUTFK01G.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:朝日新聞
http://www.asahi.com/?iref=com_gnavi_top


人気記事