イブリン・オフリンさんは今も肺がんを患っている。だが1年以上前に、従来の耐え難い化学療法に代えて、新しい免疫系強化薬を試してみたところ、気分はとても良好だという。
「まるで奇跡のよう」と、かつて喫煙者だった72歳のオフリンさんは語る。彼女にはまもなく曾孫が生まれる予定だ。
米製薬大手メルクの免疫療法薬「キートルーダ」による治療を受けている患者のなかで、オフリンさんは成功例の1つである。

続きを読む
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/10/post-6068_1.php

ニュース選定者:可知 健太
引用元:ニューズウィーク日本版
http://www.newsweekjapan.jp/


人気記事