1、2年前のこと、大分で行われた講演会の席上である先生が、
 「もうプラチナ併用化学療法の時代は終わったかもしれない」
と話していた。
 EGFR阻害薬に関する講演の席上だったので、確かにドライバー遺伝子変異を有する肺がんの患者さんではそういうこともあるかも知れないな、とは思っていた。
 しかし、そのEGFR遺伝子変異を有する肺がんにおいてすら、EGFR阻害薬がプラチナ併用化学療法に比べて、全生存期間で凌駕することはなかなか難しい。

続きを読む
http://oitahaiganpractice.junglekouen.com/e874097.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »