2次治療とは、手術不可能ながんに対して抗がん剤治療する場合の2番目の抗がん剤治療のことです。セカンドラインともいいます。通常、手術不可能な場合の抗がん剤治療は効果が乏しくなるまで、または副作用等により抗がん剤が使えなくなるまで、治療を行います。

 初めの治療(これを1次治療とかファーストラインなどと呼びます)の効果が乏しくなったなどでその抗がん剤の使用を注した場合、別の抗がん剤治療に切り替えますが、そのことを2次治療とかセカンドラインといいます。その次は、3次治療(サードライン)といいます。

固形がんの治療スキーム


人気記事