米IBMは現地時間2016年10月11日、がんを患っている同社従業員の闘病支援にコグニティブコンピューティング技術「Watson」を活用するプログラムを発表した。医療関連情報サービスや医師評価制度を手がける米Best Doctorsと協力し、2017年1月1日より実施する。

 同プログラムでは、がんを患う米国従業員が、Watsonを通じて医療や治験について適切な情報を取得し、今後の治療の判断に役立てられるようにする。IBMの米国保険制度に加入している従業員を対象とする。

続きを読む
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/101202949/?rt=nocnt

ニュース選定者:中島 香織
引用元:ITPRO
http://itpro.nikkeibp.co.jp/


人気記事