<6月8日(土)開催! 胃がんキャラバンin大阪>

BRCA1、BRCA2、PALB2遺伝子のいずれかに変異のある進行膵がんの維持療法としてrucapribが有望


  • [公開日]2019.04.10
  • [最終更新日]2019.04.10

白金系抗癌薬に感受性でBRCA1、BRCA2、PALB2遺伝子のいずれかに変異を有する進行膵がんの維持療法として、PARP阻害薬であるrucapribが有効な可能性が明らかとなった。

続きを読む
https://ux.nu/NkN3A

ニュース選定者:小森 駿

日経メディカルOncology
https://ux.nu/ESrRZ

×