「2人に1人が一生のうち一度はがんになる」と言われるように、がんはもはや特別な病気ではない。医療の進歩でがんと診断された10人のうち約6人が10年後も生きられるが、「がん=死」というイメージは今も根強い。がんと共存していける時代に「死の病」と恐れるばかりでいいのだろうか。

続きを読む
http://mainichi.jp/articles/20160630/dde/012/040/002000c

ニュース選定者:中島 香織
引用元:
http://mainichi.jp/


人気記事