「がん領域の自由診療の実態調査」のアンケートにご協力下さい

オバマケア見直しでがん発見が遅れる!? がん死亡率の低下に貢献したメリットとは


  • [公開日]2018.02.26
  • [最終更新日]2018.02.26

先日、米国がん協会(ACS)が発表した報告書『がん統計2018年版(Cancer Statistics 2018)』によると、米国内の2015年がん死亡率は前年比で1.7%低下――1991年以降、毎年続いてきた低下傾向を更新する朗報が判明した。

続きを読む
http://healthpress.jp/i/2018/02/post-3503_entry.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:ヘルスプレス
http://healthpress.jp/i/

×

リサーチのお願い