腫瘍マーカーは、がんまたは特定の良性(非がん性)の腫瘍に反応して、腫瘍細胞や身体の他の細胞により産生される物質です。多くの腫瘍マーカーは、正常細胞と同様がん細胞により産生されます。しかし、それらはがんの状態だとさらに高いレベルで産生されます。このような物質は、一部のがん患者の血液、尿、便、腫瘍組織や他の組織、または体液内でみられます。腫瘍マーカーの大半はタンパク質です。しかし、ごく最近、遺伝子発現のパターンやDNAに対する変化が、腫瘍マーカーとして用いられ始めました。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/4779.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/


人気記事