高頻度に更新され、我々の業界でもしばしば引用されるガイドラインとして、米国のNCCNガイドラインが知られています。
 ASCOやESMOのガイドラインと比較して、
 「商業的な影響を受けやすいガイドライン」
とも言われますが、それを裏付けるような論文が一昨日公表されています。
 著者がヘルスケア企業から受け取っている一般会計報酬供与額の平均が100万円、研究費として受け取っている額の平均が2400万円とのことです。
 著者の86%、108人が一般会計報酬を受け取っているとのことで、その総額は1億2500万円ほど。
 著者の47%、59人が研究費供与を受け取っているとのことで、その総額は29億円ほども上ります。

続きを読む
http://oitahaiganpractice.junglekouen.com/e866467.html

ニュース選定者:可知 健太 
引用元:大分での肺がん診療
http://oitahaiganpractice.junglekouen.com/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »