【7月26日(金)/ 東京・日本橋】食道がんセミナー参加申込受付中!

これまででもっとも大きな悪性中皮腫の臨床試験で新薬が生存期間の延長効果を示す


  • [公開日]2016.08.24
  • [最終更新日]2017.03.17

米国国立がん研究所(NCI)臨床試験結果

Largest-Yet Mesothelioma Study Shows Survival Benefit with New Drug
(Posted: 05/20/2002, Reviewed: 03/15/2006) これまででもっとも大きな悪性胸膜中皮種(肺の内膜にできる悪性度の高い癌)の第3相臨床試験で、新しい化学療法レジメンを受けた患者は旧薬剤を受けた患者より痛みが少なく、長く生存したと示されたことが報告された。2002年5月20日フロリダ、オーランドで開催された米臨床腫瘍学会年次総会での発表。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/5523.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

×

リサーチのお願い