医薬品の開発が進み、がん治療をめぐる情報は多様化している。研究段階の臨床試験も患者の選択肢になり得るようになった。だがどの治療が自分に合い、どこで受けられるのか。情報を集めるのは容易ではない。自ら判断したいと動き始める患者も出てきた。

続きを読む
https://www.asahi.com/articles/DA3S13281321.html

ニュース選定者:滝澤 宏隆
引用元:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/?iref=com_gnavi_top

×

人気記事