早期発見や治療法の進歩によってがんの生存率が上がり、治療を経て仕事に復帰できるケースも今や珍しくありません。しかしその一方で、「がん患者や家族の心のケア」に特化した取り組みを行っている国立がん研究センター東病院の精神腫瘍科長・小川朝生医師は「日本での広がりはまだまだ不十分」と指摘します。

続きを読む
http://bunshun.jp/articles/-/5087

ニュース選定者:濱崎 晋輔
引用元:文春オンライン
http://bunshun.jp/

×

人気記事