「代替療法を受けるがん患者の死亡率は2倍を超える可能性」は、インデペンデント紙からの明白なメッセージである。がんの標準治療ではなく代替療法を選択した患者で、5年間以上生存する可能性はかなり低いことがわかった。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/57001.html

ニュース選定者:濱崎 晋輔
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/


人気記事