小児がんのため、4歳6カ月で一生を終えた原田歩夢くんが、埼玉県新座市の自宅で母の瑞江さんの腕の中で息を引き取ることができたのは、専門的な治療をする主治医と在宅チームの両方に、偶然にも小児がん患者の在宅ケアに経験が豊富なスタッフがいたためだった。

続きを読む
http://www.asahi.com/articles/ASK7T7X9FK7TUBQU01J.html

ニュース選定者:滝澤 宏隆
引用元:アピタル
http://www.asahi.com/apital/


人気記事