大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学講座の田中佑典医員と上田豊助教らの研究グループは、子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨の一時中止に伴う影響を算出し、HPV(ヒトパピローマウイルス)感染リスクが「生まれ年度」によって大きく異なる可能性を明らかにした。

続きを読む
http://univ-journal.jp/8731/

ニュース選定者:可知 健太
引用元:大学ジャーナル
http://univ-journal.jp/


人気記事