消化器がんの中でも、食道や胃、大腸といった「管腔系」のがんについて、代表的な治療方法をご紹介しました。管腔系のがんは、早期がんであれば経口内視鏡を使った30分程度の治療、進行がんであれば外科手術によりがんを含めた臓器の切除とリンパ節郭清(切除)というのが一般的というお話しをしました。それでは、胆のうや膵臓といった「実質臓器系」のがんはどうでしょうか。

続きを読む
http://gan-mag.com/series/5964.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:がん治療 新時代WEB
http://gan-mag.com/


人気記事