【10月25日(金)/ 東京・日本橋】慢性リンパ性白血病(CLL)セミナー参加申込受付中!

頭頸部がん

ヒトパピローマウイルス非関連性頭頸部がん患者に対するイブランス+アービタックス、客観的奏効率19~39%を示す

2019.08.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ヒトパピローマウイルス非関連性頭頸部がん患者が対象の第2相試験 ・イブランス+アービタックス併用療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率19~39%と良好な抗腫瘍効果を示 ...

【第40回  Meet the Expert:頭頸部の希少がん ~総論~】動画公開

2019.07.16

  • セミナー動画

2019年3月15日(金)に国立がん研究センター希少がんセンター待合にて「第40回 頭頸部の希少がん~総論~」を開催しました。セミナーの動画を公開しました。ぜひご覧ください。 ※都合上、スライドを一部 ...

済生会吹田病院×オンコロ 男性がん患者さん対象アンケート調査にご協力ください

2019.07.05

  • リサーチ

この調査は、大阪府済生会吹田病院とオンコロで、共同で実施しております。 アンケートのご参加 アンケートの回答はこちらから 調査目的について がんになることで勃起障害、性欲低下などが起こることがあります ...

「光免疫療法」の国際第3相治験が、局所再発頭頸部がんを対象に本格スタート

2019.05.21

  • ニュース
  • 特集

 画期的な治療法として世界中で注目を集める「がん光免疫療法」の第3相治験が、局所再発頭頸部がんなどの患者を対象に日本でも始まりました。頭頸部がんに対する光免疫療法は、厚生労働省の先駆け審査指定制度の対 ...

HER2陽性の再発転移唾液腺がん患者に対するハーセプチン+ドセタキセル併用療法、客観的奏効率60%を示す

2019.04.11

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陽性の再発転移唾液腺がん患者が対象の第2相試験 ・ハーセプチン+ドセタキセル併用療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は60.0%、病勢制御は93.3%を示した ...

頭頸部がんに対するASP-1929を用いた光免疫療法が先駆け審査指定制度の対象品目に指定

2019.04.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・頭頸部がん患者に対する光免疫療法として開発中のASP-1929 ・厚生労働省より先駆け審査指定制度の対象品目に指定 ・国内外において頭頸部がんや食道がんで臨床試験が進行中 ...

放射線治療に伴う神経因性疼痛を有する頭頚部がん患者に対するにリリカ単剤療法の有効性

2019.02.25

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・神経因性疼痛を有する頭頚部がん患者対象の第Ⅱ相試験 ・リリカ単剤療法の神経因性疼痛のレベル(NRS)の変化を比較検証 ・リリカ単剤療法で痛みが緩和する可能性が示唆された 2 ...

2018年オンコロニュースTOP10

2018.12.31

  • オンコロブログ

オンコロの可知です。 2018年もあと数時間となりました。 オンコロを開設して4回目の年越しを迎えます。このサイトが運営できるのも皆さまのおかげだと思っております。ありがとうございます。 さて、201 ...

進行頭頸部がんを対象としたイミフィンジおよびトレメリムマブの 第III相EAGLE試験の結果を報告

2018.12.14

  • ニュース

2018年12月7日、アストラゼネカおよびアストラゼネカのグローバルバイオ医薬品研究開発部門であるメディミューンは、第III相EAGLE試験の全生存期間 (OS) の結果を発表した。 EAGLE試験に ...

【第30回  Meet the Expert:腺様嚢胞がんと頭頸部の希少がん】動画公開

2018.12.05

  • セミナー動画

2018年10月5日(金)に国立がん研究センター希少がんセンター待合にて「第30回 腺様嚢胞がんと頭頸部の希少がん」を開催しました。セミナーの動画を公開しました。ぜひご覧ください。 ※都合上、スライド ...

再生/転移性頭頸部がんの1次治療にキイトルーダ単剤および化学療法併用が有効

2018.10.29

  • ニュース

10月19日から23日までドイツ・ミュンヘンで開催されたESMO2018で、再発/転移性の頭頸部扁平上皮がんに対する1次治療として、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(キイトルーダ)単剤療法、キイトルーダ ...

再生/転移性頭頸部がんの1次治療にキイトルーダ単剤および化学療法併用が有効

2018.10.28

  • ニュース

10月19日から23日までドイツ・ミュンヘンで開催されたESMO2018で、再発/転移性の頭頸部扁平上皮がんに対する1次治療として、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(キイトルーダ)単剤療法、キイトルーダ ...

ISA101ワクチン+ニボルマブがHPV関連がんに奏効

2018.10.25

  • ピックアップ

第2相臨床試験において、腫瘍特異的ワクチン+免疫チェックポイント阻害剤の併用療法は、治癒不能なヒトパピローマウイルス関連がん患者の3分の1で腫瘍を縮小させた。 この臨床試験は、テキサス州立大学MDアン ...

複数治療歴のある進行性頭頸部がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク単剤療法、客観的奏効率(ORR)22%を示す

2018.10.15

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・既治療頭頸部がん患者を対象としてテセントリク単剤療法の第Ⅰ相試験 ・グレード5の治療関連有害事象は確認されず、抗腫瘍効果も認められた ・抗腫瘍効果はPD-L1発現率・HPV ...

進行性固形がん患者に対するIDO阻害薬エパカドスタット+抗PD-1抗体薬キイトルーダ併用療法

2018.10.12

  • ニュース

2018年9月28日、医学誌『Journal of Clinical Oncology』にて進行性固形がん患者に対するIDO阻害薬であるエパカドスタット+抗PD-1抗体薬であるペンブロリズマブ(商品名 ...

【第40回 頭頸部の希少がん~総論~】希少がん Meet the Expert 2019 参加者募集!

2018.09.30

  • 終了イベント

オンコロが共催する、がん情報究極のセミナー “まれ”な”がん”のことを”希少がん”といい、人口10万に6人未満のがんのこととされています。その種類は200にも及ぶとされています。そのような背景から、情 ...

頭蓋骨に腫瘍の元スペイン代表DF 厳しい闘病生活にも「今この瞬間を楽しむ」

2018.08.27

  • ピックアップ

元スペイン代表DFホセ・エンリケは、今年初めに頭蓋底腫瘍と診断され、闘病生活を送っている。根治を目指して病と闘うエンリケは、今を生きる大切さを訴えている。 続きを読む https://goo.gl/d ...

がん細胞を破壊する画期的な治療法は、テレビリモコンと同じ光を当てる? 医師が解説

2018.08.16

  • ピックアップ

赤外光を利用してがん細胞だけをピンポイントで破壊する新たな治療法の開発が進んでいる。米国立保健研究所主任研究員の小林久隆医師が考案した「光免疫療法」という方法だ。 続きを読む https://dot. ...

医療大麻を使用する頭頸部がん患者は未使用の患者よりもQOL(生活の質)は良好、心理的苦痛の程度は軽度である

2018.08.15

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・頭頚部がん患者を対象に医療大麻による心理的苦痛の軽減効果を検証した前向き試験 ・医療大麻使用群と未使用群にわかれ、QOL(生活の質)と症状について評価した ・医療大麻の使用 ...

局所麻酔で手術を受ける患者の不安軽減を検討

2018.08.14

  • ピックアップ

局所麻酔で手術を受ける患者は、全身麻酔下で手術を受ける患者に比べ、強い不安を覚える可能性がある。米Northwestern大学のArianna F. Yanes氏らは、頭頸部の皮膚がん切除術を受ける患 ...