日本血液学会の基本情報

日本血液学会(にほんけつえきがっかい、英語:The Japanese Society of Hematology(JSH))は、血液学の発展を目的とし、1938年(昭和13年)に設立された学会であり、2008年には日本血液学会と日本臨床血液学会が統合され、新たに日本血液学会が誕生しました。

日本血液学会について

  1. 学術集会、研究会等の開催
  2. 学会誌、学術論文集、その他出版物の刊行
  3. 教育、研究及び学術調査の実施
  4. 研究の奨励及び研究業績の表彰
  5. 血液専門医の認定と育成
  6. 診療指針の作成と血液診療向上の推進
  7. 関連団体との連絡及び協力
  8. 国際的研究協力の推進
  9. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

上記9つの事業を展開しています。

日本血液学会のサイト紹介(一部抜粋)

日本血液学会の学術集会・国際シンポジウムの開催案内。
血液疾患の患者会情報の掲載。
日本血液学会http://www.jshem.or.jp/
【患者会】
グループ・ネクサス・ジャパンhttp://group-nexus.jp/nexus/
特定非営利活動法人血液情報広場つばさhttp://tsubasa-npo.org/
再生つばさの会http://www.iplus.jp/~tsubasa/など。

情報は変更されている可能性がありますので、最新情報は各自ご確認ください。


人気記事