ガン治療がまた一歩前進しました。

DNAシークエンシング技術の性能がますます高まることで、ガン診断も大きく形を変えようとしています。血液など体液の中にがん細胞のDNAがふくまれているかどうかを検知することが可能になり、患者への負担が少ない形で検査ができるようになってきているんです。「リキッドバイオプシー」と呼ばれるこの手法、まだまだ新しい分野ですが世界中で研究が進められています。

この度、科学誌「Science Translational Medicine」に掲載された論文では、リキッドバイオプシーを用いることで、大腸ガンの再発を高確率で予測することに成功したと発表されています。

続きを読む
http://www.gizmodo.jp/2016/07/colon_cancer_liquid_biopsy8.html

ニュース選定者:滝沢 宏隆
引用元:gizmodo
http://www.gizmodo.jp/


人気記事