臨床診療を積極的に変化させることで転帰が改善する可能性が、MDアンダーソン主導の試験で明らかに

転移巣が3個以下の少数転移を有する肺がん患者に対し、標準的な化学療法の後、手術や放射線による積極的な局所療法を行うと有益となる場合があることが、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターによる研究で明らかになった。より大規模な試験で今回の結果を検証すれば、多くの肺がん患者の臨床診療に劇的な変化をもたらすだろう。

続きを読む
http://www.cancerit.jp/39678.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外癌医療情報リファレンス
http://www.cancerit.jp/


人気記事