進行がんであることがわかると多くの患者は医師にこう聞くそうだ。「あと、どれくらい生きられますか」。日本医科大武蔵小杉病院の勝俣範之教授(腫瘍(しゅよう)内科)は「そこで医師は『実は○カ月です』と言ってはいけない」と余命宣告の廃止を提唱する一人だ。

続きを読む
http://www.asahi.com/articles/ASJ7561JPJ75UBQU009.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:朝日新聞DIGITAL
http://www.asahi.com/?iref=com_gnavi_top


人気記事