がん治療後も生存している「がんサバイバー」は、健康な人に比べ抗不安薬や抗うつ薬の服用率が高い――がんサバイバーの置かれている厳しい状況を示す研究結果が、米国疾病予防管理センター(CDC)によって発表された。

研究は、米国在住者を対象とした健康調査「National Health Interview Survey」を利用し、2010~2013年の間に4万8181人にインタビューを実施し、うつや抑うつなどの治療状況や薬の服用状況を調査、分析している。

続きを読む
https://news.nifty.com/article/item/neta/12108-1577/

ニュース選定者:中島 香織
引用元:niftyニュース
https://news.nifty.com/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »