最近のがん治療は入院ではなく、通院がメーン。手術のときだけ入院して、その後の治療と仕事の両立は可能だ。
背景には、日本人の死因で最も多いがんの対策のために、国、地方公共団体などの責務を明確にした「がん対策基本法」が2006年に成立したことも無関係ではない。そこには「がん患者の療養生活の質の向上」について明記されている。

続きを読む
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20161108/Postseven_462756.html

ニュース選定者:滝澤 宏隆 
引用元:exciteニュース
http://www.excite.co.jp/News/


人気記事