乳がんを含めたがん検診の目的は、死亡率を下げること。しかし実際は、検診により新しく発見される罹患者数は増えているのに、死亡率は下がっていない。
聖路加国際病院乳腺外科の山内英子部長は、「そろそろ、必ず検診に行かねばならないという“がん検診神話”は捨ててほしい。
乳がん検診の場合、発症リスクの低い人が検診を受けることで、過剰診断や偽陽性、被曝のリスク、精神的な負担などの不利益が、検診による利益を上回ることも。
発症リスクを考慮して、必要な人が、その人に合った方法で検診を受けてほしい」と話す。

続きを読む
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161212-00000005-nikkeisty-life

ニュース選定者:下川床 和真
引用元:Yahoo!ニュース
http://news.yahoo.co.jp/


人気記事