新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

がん患者の不妊治療費に支援求める動き 卵子や精子の保存に100万円超えも


  • [公開日]2020.11.12
  • [最終更新日]2020.11.12

がんを患った子どもや若年世代が、将来的に子どもを産む選択ができるよう、治療前に精子や卵子などを凍結保存する場合の公的支援を、国に求める動きが強まっている。
凍結保存の費用は全額自己負担で、厚生労働省は高額のため断念する患者が一定数いるとみて月内に実態調査を行う。

続きを読む
https://ux.nu/qGyy0

ニュース選定者:中島 香織

東京新聞 TOKYO Web
https://www.tokyo-np.co.jp/

×