新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

【ここまで進んだ最新治療】がんの苦痛を和らげる「緩和医療」にも効果期待「IVR(画像下治療)」


  • [公開日]2020.11.04
  • [最終更新日]2020.11.04

放射線科医が主体になって行う治療法の1つに「IVR(画像下治療)」がある。
X腺やCT、超音波などで体内を透視した画像を見ながら、カテーテル(細い管)や針を用いて治療する。
傷が小さく、患者の体の負担が少ないのが特徴だ。

続きを読む
https://ux.nu/bD3oo

ニュース選定者:中島 香織

zakzak
https://www.zakzak.co.jp/
 

×