がん患者を勇気づけたいと、現在がん闘病中の社会保険労務士、和歌山市の富永博さん(66)は、患者と社労士の視点から、がんと仕事を両立する向き合い方や支援制度の利用法などを提案する書籍『がん患者の社労士が書いた 自分らしい「がん」とのつきあい方』(非売品)を出版し、同市に20冊を寄贈した。市民図書館などに配架され、閲覧、貸し出しされる。

 市役所市長室で寄贈式が行われ、尾花正啓市長は書籍について「読みやすさや必要な情報などが工夫されていて、がん患者にとって励みになると思います」と述べ、富永さんに感謝状を贈った。

続きを読む
http://www.wakayamashimpo.co.jp/2016/10/20161026_64610.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:朝日新聞
http://www.wakayamashimpo.co.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »