新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

「毒を以て毒を制す」悪性腫瘍の治療法―逆転の発想による治療抵抗性腫瘍の新しい治療戦略―


  • [公開日]2020.07.08
  • [最終更新日]2020.07.08

東北大学大学院医学系研究科の鈴木未来子准教授、山本雅之教授らは、がん細胞のNrf2を抑制するのではなく、がん周囲の正常細胞(特に免疫細胞)においてNrf2を活性化させることで、がんの進行を抑制できることを、マウスを用いた実験で実証しました。

続きを読む
https://00m.in/Y2olc

ニュース選定者:熊谷 知泰

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
https://00m.in/C5bl2

×

リサーチのお願い