私が医師になったばかりの約10年前、大腸カメラに対するイメージは患者さんたちと変わりがありませんでした。「痛くて苦しいだろうな」という感覚です。

下剤を飲んで準備することが必要ですし、患者さんに積極的に勧められないなと感じたこともあります。しかし、自分が内視鏡を行う医者になって数年たつにつれ、その感覚は変化しました。

続きを読む
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1740009.html

ニュース選定者:海東 誠博 
引用元:日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/


人気記事