新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

リキッドバイオプシーによるがん個別化医療の実現を目指す新プロジェクト「CIRCULATE-Japan」始動ー見えないがんを対象にした世界最大規模の医師主導国際共同臨床試験を開始ー


  • [公開日]2020.06.18
  • [最終更新日]2020.06.18

国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉、東京都中央区)東病院(病院長:大津 敦、千葉県柏市)は、大腸がん(結腸・直腸がん)の外科治療が行われる患者さんを対象に、血中循環腫瘍DNActDNA)を検査する技術(リキッドバイオプシー)によるがん個別化医療の実現を目指すプロジェクト「CIRCULATE-Japan(サーキュレートジャパン)」(研究代表者:東病院 消化管内科長 吉野 孝之)を開始しました。

続きを読む
https://00m.in/5XSdf

ニュース選定者:熊谷 知泰

日本医療研究開発機構
https://00m.in/C5bl2

×

リサーチのお願い