がん患者が治療しながら働き続けられる環境整備を盛り込んだ「がん対策基本法」の改正案が、参院で可決され、衆院の審議を残している。早期成立を求めたい。

 治療技術が進歩し、がんはかつてのような不治の病ではなくなった。早期発見、治療により、いわば「付き合っていく病」となっている。

続きを読む
http://www.sankei.com/column/news/161121/clm1611210001-n1.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:産経ニュース
http://www.sankei.com/


人気記事