いま、日本の政治は人命を最優先に動いていない。第190回通常国会に提出される予定だった、「がん対策基本法・改正案」は、土壇場でキャンセルされた。

この法案は超党派の議員らによって構成する「国会がん患者と家族の会」の議員立法として進められていたが、関係者によると、与野党の対立が深まり、審議日程の確保が困難となって提出が見送られたという。

続きを読む
http://www.huffingtonpost.jp/michihiko-iwasawa/cancer-law_b_10328988.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:THE HUFFINGTON POST ハフィントンポスト
http://www.huffingtonpost.jp/


人気記事