がん患者の情報を全国の医療機関から集めて分析し、医療技術の向上や予防に生かす「全国がん登録」制度が今年から始まった。これまでは「地域がん登録」として都道府県ごとに行っていたが、届け出が任意でかつ統計手法にばらつきがあり、患者の実態がなかなか把握できずにいた。そんな中、福井県は日本一のデータ精度を30年余りにわたって持続。今回の全国の取り組みの礎となるとともに、がん対策の向上に貢献している。

続きを読む
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/medical/103610.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/index.html


人気記事