【9月27日(金)/ 東京・日本橋】小細胞肺がんセミナー参加申込受付中!

EGFR変異陽性肺がんの治療選択で改めて示されたT790M変異確認の重要性


  • [公開日]2019.01.22
  • [最終更新日]2019.01.23

EGFR変異陽性非小細胞肺がんの1次治療ではTKIが標準的に用いられる。このほど改訂された肺がん診療ガイドラインでは、現在までに最も長い無増悪生存期間PFS)を示した第3世代EGFR-TKIであるオシメルチニブが推奨という位置づけになり、第1世代、第2世代EGFR-TKI単剤と第1世代EGFR-TKI+ベバシズマブ、第1世代EGFR-TKI+化学療法が提案という選択肢になった。

続きを読む
http://ur2.link/Px2y

ニュース選定者:小森 駿

日経メディカル
http://ur2.link/Px6b

×

リサーチのお願い