テキサス大学MDアンダーソンがんセンター主導の研究によると、TJP1(tight junction protein 1)として知られる遺伝子は、ボルテゾミブなどのプロテアソーム阻害剤やその感受性を増加させる併用療法に最も有効な多発性骨髄腫患者を特定するのに役立つ可能性があるという。

続きを読む
http://www.cancerit.jp/39111.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外癌医療情報リファレンス
http://www.cancerit.jp/


人気記事