病気の治療のためと分かっていても、抗がん剤や放射線などによって髪の毛が抜けたり、肌が黒ずんだりくすんだりするのはつらい。これらの副作用に悩むがん患者を支援するため、肌を明るく見せるメーク術やかつら選びを指南するなどの取り組みが広がっている。働きながら治療を受ける人も多く、見た目のケアは患者の精神面を支える上でも重要だ。

続きを読む
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO08071030W6A001C1NZBP01?channel=DF140920160919

ニュース選定者:中島 香織
引用元:NIKKEI STYLE
http://style.nikkei.com/


人気記事