革新的ながん研究の支援を目的とする慈善プログラム「The Stand Up to Cancer(SU2C、スタンド・アップ・トゥ・カンサー)」は8年前の立ち上げからこれまでに、3億7,000万ドル(約376億5,140万円)を複数のがん研究プロジェクトに提供してきた。がん研究がこうした団体による資金援助から恩恵を受けていることは間違いない。

また、SU2Cが支援した研究者は、米国食品医薬品局(FDA)が先ごろ承認したファイザーの乳がん治療薬「イブランス」(一般名:パルボシクリブ)や、セルジーンの膵臓(すいぞう)がん治療薬「アブラキサン」(一般名:nab-パクリタキセル)などの研究にも関わってきた。

続きを読む
http://forbesjapan.com/articles/detail/13654/1/1/1

ニュース選定者:中島 香織
引用元:Forbes JAPAN
http://forbesjapan.com/


人気記事