処方薬の広告に関する注意点
テレビや雑誌を見ていて、処方薬の広告を目にしたことがあるのではないでしょうか。このような広告は、特定の疾患に対する認識を高める効果がある一方で、内容については割り引いて受け取るほうが好ましいものです。ここでは、処方薬の広告を見るときの注意点をいくつか述べたいと思います。

規制の限界
米国食品医薬品局(FDA)は、医薬品のテレビCMに以下の情報を盛り込むことを求めています。
・薬の商品名と一般名 *例えば、商品名リリカという医薬品の一般名(成分名)はプレガバリンです。
・FDAに承認された適応症(1つ以上)
・主なリスクや副作用
・医薬品の作用機作についての詳細情報(薬物相互作用や、重篤でない副作用など)、詳細情報を得るための情報源(ウェブサイトやフリーダイヤルの電話番号)2つ以上

続きを読む
https://www.cancerit.jp/51677.html

ニュース選定者:中島 香織
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »