腎細胞がん/腎がんの患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

末期癌の医師・僧侶が解説 「自己執着という毒矢を抜く」


  • [公開日]2016.06.06
  • [最終更新日]2016.06.08

 2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏が病床から贈る『週刊ポスト』での連載 「いのちの苦しみが消える古典のことば」。様々な言葉の真意を解説するが、今回の言葉は仏陀による「自己執着という毒矢を抜く」 だ。


続きを読む
http://getnews.jp/archives/1471216

ニュース選定者:柳澤 昭浩
引用元:ガジェット通信
http://getnews.jp/

×