【10月25日(金)/ 東京・日本橋】慢性リンパ性白血病(CLL)セミナー参加申込受付中!

日本のがんゲノム医療 臨床実施に向けた2018年度体制整備の現状


  • [公開日]2018.01.15
  • [最終更新日]2018.01.15

近年,遺伝子型が病気の発症や治療効果,薬の副作用などに影響することが明らかになってきた。特にがん領域では,がん細胞が持つ独自の遺伝子変異を標的とする分子標的治療薬が画期的な治療効果と予後改善をもたらした。中でも,ゲノム医療の実現が最も近く,体制整備が進んでいるのは,がんであろう。

続きを読む
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03254_04

ニュース選定者:海東 誠博
引用元:株式会社医学書院
http://www.igaku-shoin.co.jp/top.do

×

リサーチのお願い