ASCOの見解
「高精度医療(Precision Medicine)は、未来のがん治療の話ではなく、現在のものです。本試験は、患者と腫瘍にあわせて治療を個別化していくほど、臨床試験の早期段階の治療法であってもより良い結果が得られることを裏づけています」。米国臨床腫瘍学会(ASCO)の広報担当者、本日のpresscast(インターネット生放送による記者会見)の司会であり、米国内科学会名誉上級会員(FACP)のDon S. Dizon医師は話す。「これは、ASCOの TAPUR試験で用いているアプローチと同じであり、必要としている患者へのより良い治療提供につながる新たな知見が得られるでしょう」。


続きを読む
http://www.cancerit.jp/39009.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外癌医療情報リファレンス
http://www.cancerit.jp/


人気記事