本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 パクリタキセル
商品名 タキソール
治験薬コード
一般名英語表記 Paclitaxel
商品名英語表記 TAXOL
種類 タキサン系微小管阻害薬
種類
投与経路 注射
適応がん種

特徴

パクリタキセルはタキサン系微小管阻害薬に分類される抗がん剤の一種です。がん細胞が分裂する際に、最初に細胞核内にある遺伝子の本体であるDNAが合成され複製されます。その後複製されたDNAは分裂するそれぞれの細胞に分かれますが、その際に働く物質が微小管です。

パクリタキセルは微小管の働きを阻害することによって細胞分裂の過程を停止させ、がん細胞を死滅させます。2017年2月現在、卵巣癌、非小細胞肺癌、乳癌、胃癌、子宮体癌、再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌、再発又は遠隔転移を有する食道癌、血管肉腫、進行又は再発の子宮頸癌、再発又は難治性の胚細胞腫瘍に適応があります。

効能・効果

卵巣癌,非小細胞肺癌,乳癌,胃癌,子宮体癌,再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌,再発又は遠隔転移を有する食道癌,血管肉腫,進行又は再発の子宮頸癌,再発又は難治性の胚細胞腫瘍(精巣腫瘍,卵巣腫瘍,性腺外腫瘍)

用法及び用量

非小細胞肺癌及び子宮体癌にはA法を使用する。
乳癌にはA法又はB法を使用する。
卵巣癌にはA法又はカルボプラチンとの併用でC法を使用する。
胃癌にはA法又はE法を使用する。
再発又は難治性の胚細胞腫瘍には他の抗悪性腫瘍剤と併用でA法を使用する。
再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌,再発又は遠隔転移を有する食道癌,血管肉腫にはB法を使用する。
進行又は再発の子宮頸癌にはシスプラチンとの併用において,D法を使用する。

A法:通常,成人にはパクリタキセルとして,1日1回210mg/m2(体表面積)を3時間かけて点滴静注し,少なくとも3週間休薬する。これを1クールとして,投与を繰り返す。

B法:通常,成人にはパクリタキセルとして,1日1回100mg/m2(体表面積)を1時間かけて点滴静注し,週1回投与を6週連続し,少なくとも2週間休薬する。これを1クールとして,投与を繰り返す。

C法:通常,成人にはパクリタキセルとして,1日1回80mg/m2(体表面積)を1時間かけて点滴静注し,週1回投与を3週連続する。これを1クールとして,投与を繰り返す。

D法:通常,成人にはパクリタキセルとして,1日1回135mg/m2(体表面積)を24時間かけて点滴静注し,少なくとも3週間休薬する。これを1クールとして,投与を繰り返す。

E法:通常,成人にはパクリタキセルとして,1日1回80mg/m2(体表面積)を1時間かけて点滴静注し,週1回投与を3週連続し,少なくとも2週間休薬する。これを1クールとして,投与を繰り返す。

重大な副作用

ショック,アナフィラキシー様症状白血球減少等の骨髄抑制末梢神経障害,麻痺間質性肺炎,肺線維症急性呼吸窮迫症候群、ショック,アナフィラキシー様症状、白血球減少等の骨髄抑制、末梢神経障害,麻痺間質性肺炎,肺線維症、急性呼吸窮迫症候群、心筋梗塞,うっ血性心不全,心伝導障害肺塞栓,血栓性静脈炎,脳卒中,肺水腫難聴,耳鳴消化管壊死,消化管穿孔,消化管出血,消化管潰瘍、重篤な腸炎腸管閉塞,腸管麻痺、肝機能障害,黄疸、膵炎、急性腎不全、中毒性表皮壊死融解症、粘膜眼症候群、播種性血管内凝固症候腫瘍崩壊症候群白質脳症

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4240406A1


人気記事