認定NPO法人 希望の会・「オンコロ」共催、毎月第2土曜日に全国各地で開催する胃がんセミナー参加者募集中!

悪性リンパ腫

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者に対する1stライン治療としてのDA-EPOCH-R併用療法、無増悪生存期間を統計学有意に改善せず

2019.04.16

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのDA-EPOCH-R療法の有効性を比較検証 ・R-CHOP併用療法に比べて無増悪生存期間 ...

未治療のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者に対するR-CHOP+ベルケイド併用療法、無増悪生存期間を有意に改善しない

2019.04.16

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者が対象の第3相試験 ・標準化学療法であるR-CHOP+ベルケイド併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・5年病勢進行または死亡のリス ...

治療歴のある再発難治性辺縁帯リンパ腫患者に対するumbralisib単剤療法、客観的奏効率は52%

2019.04.12

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある再発難治性辺縁帯リンパ腫患者が対象の第2b相試験 ・umbralisib単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は52%、臨床的有用率は88%を示した 2 ...

武田薬品 悪性リンパ腫薬アドセトリス、小児適応などを追加承認申請

2019.04.04

  • ピックアップ

武田薬品は3月29日、悪性リンパ腫治療薬アドセトリス点滴静注用に新たな適応を追加する承認申請を行ったと発表した。 続きを読む https://ux.nu/xfzg3 ニュース選定者:大内 明香 ミクス ...

難治性インドレント非ホジキンリンパ腫患者に対するデュベリシブ、客観的奏効率47.3%を示す

2019.03.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・難治性インドレント非ホジキンリンパ腫患者が対象の第2相試験 ・デュベリシブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は47.3%で、忍容性も問題なかった 2019年2月 ...

インドレント非ホジキンリンパ腫またはマントル細胞リンパ腫患者に対するトレアキシン+リツキサン療法の5年追跡調査結果

2019.03.15

  • ニュース

2019年2月27日、医学誌『Journal of Clinical Oncology』にてインドレント非ホジキンリンパ腫またはマントル細胞リンパ腫患者に対するファーストライン治療としてのベンダムスチ ...

国内初の新しい免疫療法CAR-T キムリアが再生医療機器等部会を通過

2019.02.21

  • ニュース

2月20日、厚生労働省 薬事・食品衛生審議会再生医療等製品・生物由来技術部会は、国内初のがん免疫療法キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法であるチサゲンレクル(商品名キムリア)の承認を了承した。 ...

末梢性T細胞性リンパ腫患者に対するオーロラAキナーゼ阻害薬Alisertib単剤療法、客観的奏効率、無増悪生存期間を統計学有意に改善しない

2019.02.15

  • ニュース

2019年2月1日、医学誌『Journal of Clinical Oncology』にて治療歴のある再発難治性末梢性T細胞性リンパ腫患者に対する経口の選択的オーロラAキナーゼ阻害薬であるAliser ...

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者に対するオプジーボの奏効率は3~10%

2019.02.03

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者に対するオプジーボの可能性 ・難治性に対する第2相試験の結果 ・オプジーボの奏効率は低い 2018年1月8日、医学誌『Journal of ...

未治療の移植非適応マントル細胞リンパ腫患者に対するVR-CAP療法、R-CHOP療法に比べて全生存期間を統計学有意に改善する

2018.12.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・65歳以上の未治療マントル細胞リンパ腫患者を対象とした第Ⅲ相試験 ・R-CHOP療法と比較し、VR-CAP療法の有効性を検証した ・R-CHOP療法に比べ全生存期間など統計 ...

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対するCAR-T細胞医療キムリア、奏効率54%を示す

2018.12.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者対象の第Ⅱ相のJULIET試験 ・キムリアを投与し、客観的奏効率、奏効持続期間、全生存期間を検証 ・キムリアは持続的で高率な奏効 ...

再発難治性末梢性T細胞リンパ腫/皮膚T細胞性リンパ腫患者に対するPI3K阻害薬Duvelisib+HDAC阻害薬イストダックス、奏効率55%を示す

2018.12.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発難治性末梢性T細胞リンパ腫と皮膚T細胞性リンパ腫患者対象の第I相試験 ・デュベリシブ+イストダックス併用療法の客観的奏効率や安全性などを検証 ・高い抗腫瘍効果があり安全 ...

再発難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者に対するトレアキシン+リツキサン+抗CD79b抗体薬物複合体Polatuzumab Vedotin、全生存期間を1年以上延長する

2018.12.07

  • ニュース

この記事の4つのポイント ・移植ができない再発難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者に対する第1/2相試験 ・トラアキシン、リツキサンに抗体薬物複合体Polatuzumab Vedotinを上乗せ ...

未治療の慢性リンパ性白血病患者に対するファーストライン治療としてのBTK阻害薬イムブルビカ+抗CD20モノクローナル抗体薬ガザイバ、染色体異常の有無に関係なく無増悪生存期間(PFS)を統計学有意に改善する

2018.12.06

  • ニュース

2018年12月1日より4日まで米国・サンディエゴで開催されていた第60回米国血液学会(ASH)、また2018年12月3日の医学誌『The Lancet Oncology』にて、未治療の慢性リンパ性白 ...

再発難治性縦隔原発大細胞型B細胞性リンパ腫(PMBL)患者に対するアドセトリス+オプジーボ、客観的奏効率70%を示す

2018.12.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発難治性縦隔原発大細胞型B細胞性リンパ腫(PMBL)に対する知見 ・アドセトリスにオプジーボ上乗せする併用療法の第2相試験 ・客観的奏効率70%、うち完全奏効率27%と良 ...

濾胞性リンパ腫、濾胞辺縁帯リンパ腫患者に対する免疫調節薬レブラミドとリツキサン併用、無増悪生存期間を統計学有意に改善

2018.12.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・レブラミド併用療法の有効性を検証した第III相試験の結果が発表された ・対象は再発難治性濾胞性リンパ腫または濾胞辺縁帯リンパ腫患者だった ・併用群で病勢進行または死亡のリス ...

初のFLT3阻害薬ゾスパタ、初の第三世代ALK阻害薬ローブレナ、初のBiTE抗体ビーリンサイト®など 4剤が11月20日に薬価収載

2018.11.15

  • ニュース

2018年11月14日、厚労省の中医協・総会は新薬12製品を11月20日に薬価収載することを決定したと発表した。 うち、がん関連は4種。 「再発または難治性のFLT3遺伝子変異陽性の急性骨髄性白血病」 ...

再発難治性非ホジキンリンパ腫患者に対するBCL-2阻害薬ベネトクラクス+トレアキシン+リツキサン併用療法、客観的奏効率(ORR)は65%を示す

2018.11.13

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・非ホジキンリンパ腫患者を対象にBCL-2阻害薬であるベネトクラクス有効性を検証 ・BCL-2ファミリーの発現は治療抵抗性の一因とされている ・ベネトクラクス+標準療法は忍容 ...

未治療のCD30陽性末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)患者に対する抗CD30抗体薬アドセトリス+CHP療法、CHOP療法に比べて無増悪生存期間(PFS)を統計学有意に延長する

2018.11.12

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療CD30陽性PTCL患者を対象とした第Ⅲ相試験 ・アドセトリス+CHP群の有効性をCHOP療法群と比較し検証した ・無増悪生存期間(PFS)などアドセトリス+CHP群 ...

マクロファージ免疫チェックポイント阻害薬を利用するがん免疫療法の新戦略

2018.11.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・マクロファージサイドに着目した免疫チェックポイント戦略 ・CD47がマクロファージの抗腫瘍活性を抑制する免疫チェックポイント分子となる ・非ホジキンリンパ腫患者に対してCD ...