腎臓がん

「大阪で生まれた女」BORO 腎臓がん告白、近く摘出手術へ「病気も僕の生きざま」

2021.01.08

  • ピックアップ

「大阪で生まれた女」などのヒットで知られるシンガー・ソングライターのBOROが7日、腎臓がんで手術を受けることを告白した。 続きを読む https://ux.nu/0Wz44 ニュース選定者:中島 香 ...

【治験広告】切除不能または転移のある腎臓がんの方へ 新たな薬剤の治験のご案内

2020.12.09

  • 腎細胞がん
  • 臨床試験(治験)一覧
  • 臨床試験(治験)広告一覧

本ページは、MSD株式会社からの委託による治験広告です。 治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載いたします。 本治験は現在募集を中断しております。ご了承ください。 はじめに 本治験は ...

小橋健太さんからのエール「“がん”になったから終わりではない」

2020.11.30

  • ピックアップ

「俺が“がん”?」つい何日か前にチャンピオンベルトを巻いた当時39歳の小橋健太さんが、自分が“がん”に侵されているというのは受け入れがたいことだったといいます。 しかし不治の病と言われていた“がん”も ...

進行性腎細胞がんに対する1次療法としてのレンビマ+キイトルーダ併用療法が無増悪生存期間、全生存期間、奏効率を統計学的有意に改善

2020.11.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性腎細胞がんが対象の第3相試験 ・レンビマ+キイトルーダまたはレンビマ+とエベロリムス併用療法の有効性・安全性をスニチニブ単剤と比較検討 ・+キイトルーダ併用療法はPF ...

がんと闘う5歳の少女がディズニープリンセスに大変身!カメラマンによる魔法のショットに感激

2020.11.14

  • ピックアップ

アメリカ・ロードアイランド州に住むアリアナ・タフトちゃんが、進行性の腎臓がんを宣告されたのは今年の初めだった。 アリアナちゃんの身体を蝕む13センチもの腫瘍と、片方の腎臓摘出手術は成功。 しかし不運に ...

免疫チェックポイント阻害薬ナイーブの転移性腎細胞がんに対するオプジーボ単剤療法後のヤーボイ追加療法、奏効率を改善せず

2020.11.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・免疫チェックポイント阻害薬ナイーブの転移性腎細胞がん患者が対象の第2相試験 ・オプジーボ単剤療法後に経過観察する群とヤーボイ追加療法をする群の有効性・安全性を比較検証 ・完 ...

進行性腎細胞がんに対するファーストラインとしてキイトルーダ+インライタ併用療法、全生存期間と無増悪生存期間を統計学的有意に改善

2020.11.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行性腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストラインとしてのキイトルーダ+インライタ併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・スーテント単剤と比較して、死亡のリス ...

根治切除不能または転移性腎細胞がんに対するオプジーボ+カボメティクス併用療法の適応拡大を申請

2020.10.30

  • ニュース

10月27日、小野薬品工業株式会社と武田薬品工業株式会社は、オプジーボ(一般名:ニボルマブ、以下オプジーボ)点滴静注とカボメティクス(一般名:カボザンチニブリンゴ酸塩、以下カボメティクス)錠が根治切除 ...

再発リスク中等度~高度の腎細胞がんに対する術後化学療法としてネクサバール単剤療法、無病生存期間を延長せず

2020.10.23

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発リスク中等度~高度の腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・術後化学療法としてのネクサバール単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・無病生存期間はプラセボ群に対し、統計学的有 ...

未治療の進行/転移性腎細胞がんに対するオプジーボ+カボメティクス併用療法、無増悪生存期間、全生存期間、客観的奏効率を有意に改善

2020.10.15

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行または転移性腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・オプジーボ+カボメティクス併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・無増悪生存期間はオプジーボ+カボメティクス16. ...

37歳で腎臓がん手術受けた彼の壮絶な闘病記録

2020.09.01

  • ピックアップ

「毎年の健康診断ではいっさい問題なかった自分が、まさかがんとは驚きだった」 続きを読む https://00m.in/SB2SW ニュース選定者:中島 香織 東洋経済オンライン https://00m ...

サボリチニブ単剤療法でMET駆動性の進行性乳頭状腎細胞がんの無増悪生存期間が改善傾向に

2020.06.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・MET駆動性の進行性乳頭状腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・サボリチニブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・サボリチニブ群において無増悪生存期間が7.0ヶ月、病勢進行・死亡 ...

抗体薬物複合体エンハーツなど抗がん剤関連5品目、5月20日薬価収載へ

2020.05.15

  • ニュース

5月13日、厚生労働省中央社会保険医療協議会(中医協)総会(第458回)が行われ、新薬18成分28品目の薬価収載を了承した。うち、抗がん剤関連は武田薬品のカボザンチニブや第一三共のトラスツズマブ デル ...

未治療の進行性または転移性腎細胞がん患者に対するオプジーボとカボメティクス併用療法、第3相試験の最終解析で無増悪生存期間の改善を確認

2020.04.23

  • ニュース

4月21日、小野薬品工業株式会社(以下、小野薬品)と武田薬品工業株式会社(以下、武田薬品)は、未治療の進行性または転移性の腎細胞がんを対象に、抗PD-1抗体薬「ニボルマブ(商品名オプジーボ;以下オプジ ...

新型コロナウイルス陽性の転移性腎細胞がん患者に対するIL-6受容体阻害薬アクテムラ

2020.04.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・新型コロナウイルス陽性転移性腎細胞がん患者1例の症例報告 ・IL-6受容体阻害薬アクテムラ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・肺の炎症を抑制する効果がある可能性が示唆されたが ...

カボメティクス、根治切除不能・転移性の腎細胞がんに対する国内製造販売承認を取得

2020.03.25

  • ニュース

2020年3月25日、武田薬品工業株式会社はカボザンチニブリンゴ酸塩(商品名:カボメティクス錠20mg、60mg)(以下 カボメティクス)について、根治切除不能又は転移性の腎細胞がんに対する治療薬とし ...

転移性淡明細胞型腎細胞がん患者に対する抗PD-1抗体薬キイトルーダ+抗VEGF抗体薬アバスチン、客観的奏効率60.9%を示す

2020.03.12

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・転移性淡明細胞型腎細胞がん患者が対象の第1b/2相試験 ・キイトルーダ+アバスチン併用療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は第1b相で41.7%、第2相で60.9%を ...

未治療の進行淡明細胞型腎細胞がん患者に対するファーストライン治療としてのキイトルーダ+インライタ、他の治療方法に比べてQALYは高い

2020.03.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行淡明細胞型腎細胞がん患者が対象の第3相試験のQALY(質調整生存年)評価の結果 ・キイトルーダ+インライタ併用療法とその他の治療法と比較 ・スーテントやパゾパニ ...

治療歴のある転移性進行性腎細胞がん患者に対する抗PD-1抗体薬オプジーボ、64ヶ月全生存率26%を示す

2020.02.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・血管新生阻害薬の治療歴のある転移性進行性腎細胞がん患者が対象の第2相試験 ・抗PD-1抗体薬オプジーボ単剤療法の有効性・安全性をアフィニトールと比較検証 ・64ヶ月全生存率 ...

未治療の転移性進行性腎細胞がん患者に対する抗PD-1抗体薬オプジーボ+抗CTLA-4抗体薬ヤーボイ、42ヶ月全生存率56%を示す

2020.02.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の転移性進行性腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・オプジーボ+ヤーボイ併用療法の有効性・安全性をスーテント群併用群と比較検証 ・オプジーボ+ヤーボイ群で死亡のリスクを ...