腎臓がん

非淡明細胞型進行性腎細胞がんにカボメティクス+オプジーボ併用療法、客観的奏効率47.5%を示す

2022.03.29

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・非淡明細胞型進行性腎細胞がん患者が対象の第2相試験 ・カボメティクス+オプジーボ併用療法の有効性・安全性を検証 ・乳頭状腎細胞がん、転座型腎細胞がん、未分類の群において客観 ...

レンビマ+キイトルーダ併用療法、根治切除不能/転移性腎細胞がんに対する追加承認を取得

2022.03.08

  • ニュース

2月25日、エーザイ株式会社と米メルク社は、チロシンキナーゼ阻害薬であるレンビマ(一般名:レンバチニブ、以下レンビマ)とキイトルーダ(一般名:ペムブロリズマブ、以下キイトルーダ)について、根治切除不能 ...

腎細胞がんに対する術後補助療法としてのキイトルーダ単剤療法、24ヶ月無増悪生存率78.3%を示す

2022.03.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・術後補助療法としてのキイトルーダ単剤療法の有効性・安全性をプラセボと比較検証 ・無病生存期間はキイトルーダ単剤群で統計学的有意に改善し、 ...

【募集終了】腎がんの患者さん インタビューにご協力をお願いいたします

2022.02.14

  • 終了リサーチ
  • 腎細胞がん

このインタビューの募集は終了いたしました。ご協力いただき本当にありがとうございました。 インタビューにご協力いただける腎がんの患者さんを募集しています。参加をご検討いただける方は、以下内容をご確認いた ...

未治療の転移性腎細胞がんに対するテセントリク+ベバシズマブ併用療法、スニチニブに対して全生存期間を改善せず

2022.01.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の転移性腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・テセントリク+ベバシズマブ併用療法の有効性・安全性をスニチニブと比較検証 ・全患者における全生存期間はテセントリク+ベバシ ...

脳転移のある腎細胞がんに対するカボメティクス単剤療法、脳局所治療なしの患者で頭蓋内奏効率55%を示す

2021.11.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・脳転移のある腎細胞がん患者が対象のレトロスペクティブ試験 ・カボメティクス単剤療法の有効性・安全性を検証 ・脳局所治療なし患者群における頭蓋内奏効率55%、頭蓋外全奏効率4 ...

【募集終了】製薬企業に対する満足度とがん情報収集に関するアンケート

2021.09.29

  • 終了リサーチ

本アンケートは募集を終了いたしました。ご協力いただありがとうございました。 がん領域の薬剤を開発している製薬企業に対する満足度やがんの情報収集についてのアンケート案内ページです。以下内容をご確認いただ ...

進行性淡明細胞型腎細胞がんに対するカボメティクス+テセントリク併用療法、客観的奏効率58%を示す

2021.09.13

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性淡明細胞/非淡明細胞型腎細胞がん患者が対象の第1b相試験 ・カボメティクス±テセントリク併用療法の有効性・安全性を検証 ・進行性淡明細胞型腎細胞がんにおける客観的奏効 ...

腎切除後の淡明細胞型腎細胞がんに対するアジュバント療法としてのキイトルーダ単剤療法、無病生存率を統計学的有意に改善

2021.09.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・腎切除後の淡明細胞型腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・キイトルーダ単剤療法の有効性・安全性をプラセボと比較検証 ・無病生存率は77.3%であり、プラセボ群と比較して統計学 ...

オプジーボ+カボメティクス併用療法、根治切除不能または転移性腎細胞がんに対する承認取得

2021.08.27

  • ニュース

8月25日、小野薬品工業株式会社と武田薬品工業株式会社は、抗ヒトPD-1モノクローナル抗体のオプジーボ(一般名:ニボルマブ、以下オプジーボ)とキナーゼ阻害剤のカボメティクス(一般名:カボザンチニブリン ...

進行性腎細胞がんに対するファーストラインとしてのレンビマ+キイトルーダ併用療法、スニチニブ単剤療法に比べて無増悪生存期間、全生存期間を有意に延長

2021.04.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてレンビマ+キイトルーダ併用療法の有効性・安全性をスニチニブと比較検証 ・無増悪生存期間はレンビマ+キイト ...

国内初となるレンビマ+キイトルーダ併用療法、進行性腎細胞がんを対象に適応追加を申請

2021.04.07

  • ニュース

3月31日、エーザイ株式会社とMSD株式会社はマルチキナーゼ阻害剤レンビマ(一般名:レンバチニブメシル酸塩、以下レンビマ)について、抗PD-1抗体薬キイトルーダ(一般名:ペムブロリズマブ、以下キイトル ...

未治療の進行/転移性腎細胞がんに対するオプジーボ+カボメティクス併用療法、無増悪生存期間、全生存率、客観的奏効率を改善

2021.03.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行/転移性腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・オプジーボ+カボメティクス併用療法の有効性・安全性をスニチニブと比較検証 ・無増悪生存期間16.6ヶ月と延長を示した ...

未治療の進行性淡明細胞型腎細胞がんに対するキイトルーダ単剤療法、客観的奏効率36.4%を示す

2021.03.12

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行性淡明細胞型腎細胞がん患者が対象の第2相試験のコホート ・キイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は36.4%、うち完全奏効率は3.6%であっ ...

未治療の進行性腎細胞がんに対するレンビマ+キイトルーダ併用療法、無増悪生存期間と全生存期間を延長

2021.03.09

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性腎細胞がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてレンビマ+キイトルーダ併用療法、レンビマ+エベロリムス併用療法の有効性・安全性をスニチニブ単剤療法と比較 ...

進行性乳頭状腎細胞がんに対するカボメティクス単剤療法、スニチニブ単剤療法に比べて無増悪生存期間を統計学的有意に改善

2021.03.03

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性乳頭状腎細胞がん患者が対象の第2相試験 ・カボメティクス、クリゾチニブ、サボリチニブの有効性・安全性をスニチニブと比較検証 ・カボメティクスの無増悪生存期間は9.0ヶ ...

抗体薬物複合体DS-6000、切除不能腎細胞がん/卵巣がんの第1相臨床試験で投与開始

2021.02.03

  • ニュース

2月3日、第一三共株式会社は、CDH6を標的とした抗体薬物複合体(ADC)であるDS-6000について、切除不能な腎細胞がんと卵巣がんを対象とする第1相臨床試験で投与が開始されたと発表した。 DS-6 ...

「大阪で生まれた女」BORO 腎臓がん告白、近く摘出手術へ「病気も僕の生きざま」

2021.01.08

  • ピックアップ

「大阪で生まれた女」などのヒットで知られるシンガー・ソングライターのBOROが7日、腎臓がんで手術を受けることを告白した。 続きを読む https://ux.nu/0Wz44 ニュース選定者:中島 香 ...

小橋健太さんからのエール「“がん”になったから終わりではない」

2020.11.30

  • ピックアップ

「俺が“がん”?」つい何日か前にチャンピオンベルトを巻いた当時39歳の小橋健太さんが、自分が“がん”に侵されているというのは受け入れがたいことだったといいます。 しかし不治の病と言われていた“がん”も ...

進行性腎細胞がんに対する1次療法としてのレンビマ+キイトルーダ併用療法が無増悪生存期間、全生存期間、奏効率を統計学的有意に改善

2020.11.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性腎細胞がんが対象の第3相試験 ・レンビマ+キイトルーダまたはレンビマ+とエベロリムス併用療法の有効性・安全性をスニチニブ単剤と比較検討 ・+キイトルーダ併用療法はPF ...

会員登録 ログイン