臨床試験

【新着治験情報】

進行大腸がん対象 免疫チェックポイント阻害薬の治験のご案内

本治験は、以下の基準を満たせば参加できる可能性があります。
・病期(病気の進行段階)がステージ4の大腸がん患者
・高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)またはミスマッチ修復機構(MMR)欠損が認められる患者
※リンチ症候群による大腸がん患者も対象となります。

悪性胸膜中皮腫の方 免疫チェックポイント阻害薬の治験にご協力お願いします。

本治験は、以下の基準を満たせば参加できる可能性があります。
・18歳以上で悪性胸膜中皮腫と診断されている方
・悪性胸膜中皮腫に対して抗がん剤治療をしたことがない方

ソラフェニブが使用できなくなった肝細胞がんの方を対象とした治験にご協力お願いします。

・本治験は、以下の基準を満たせば参加できる可能性があります。
・分子標的薬であるソラフェニブの使用歴があり、ソラフェニブが使用できなくなった方

【インタビュー募集】

肺がんで「扁平上皮がん」の患者さんを対象としたインタビュー調査ご協力のお願い

ニュース

進行胃がん 3次治療以降としてオプジーボが有望 ASCO-GI2017

小児がん家族を襲う「夫婦の危機」 ――うまく乗り越えていくための処方箋とは?

悪性胸膜中皮腫 標準療法に分子標的薬オフェブを併用することが有望な可能性 WCLC2016

23andMeなどの個別遺伝子検査でがんリスクが発見された顧客の意識・行動調査~健康意識の改善は促せず~ JCO

非小細胞肺がん ALK阻害薬ブリガチニブの第1/2相結果 Lancet Oncol

最悪を考えることは果たして最良なのか?~患者の予測が副作用におよぼす影響~

アストラゼネカ リキッドバイオプシー用キットを用いたEGFR T790M遺伝子変異検査結果の倫理的無償提供を開始

コラム

オンコロの可知です。先日開催した国立がん研究センター中央病院で開始した希少がんセミナー。オンコロも共催させて頂いていますが、満席のうちに終了しました。NHKなども取材に来て、『おはよう日本』で放映されました。

希少がんのことを学ぶことなんて滅多にありませんので、山崎先生の講演はとても勉強になりました。メラノーマは、もう少しでT-VEC(腫瘍溶解ウイルス)の治験が開始するみたいです。すごく病院の体制を整えるのは大変みたいですが、期待します。

2月、3月は満席になってしまいましたが、4月以降は空き在りです。興味があるかたはぜひよろしくお願い致します。また、
セミナー内容は、間もなくオンコロのサイト内でもUPします。

さて、昨日、拡大治験のことブログを書きましたが。こちらでも少し触れます。

https://oncolo.jp/blog/20170119

2016年1月から拡大治験は、『治験実施中でも「1.治験のエントリーが終了してしまったため参加できない方」や「2.適格性が合致していなくて参加できない方」を対象に、医師の申し出により、治験に参加できる』というものです。

ただ、制度がスタートしても全く開始する気配はありませんでした。

夏頃、ROS1陽生非小細胞肺がんのザーコリで開始したような噂を聞いていましたが、スクラムジャパンもあるし、詳しく調べていませんでした。

でも、まさか免疫チェックポイント阻害薬で実施しているとは・・・しかも、秋頃から。

ものすごく申し訳ない気分です。

なぜなら、進行頭頸部がんや進行膀胱がんの方から問い合わせ来ていました。でも、セカンドライン以降の治験は走っていないと答えていました。

これがどれだけ罪深いことか。わかっています。。。

という具合で、2017年始めのメルマガはこんな形でスタートしてしまいましたが、今年もオンコロを宜しくお願い致します。

告知:来週早々にWebサイトがリニューアルされます。

可知 健太

オンコロイベント

オンコロが主催する、がん情報究極のセミナーを実施中!

~講義名~
がんに対する免疫療法最前線

日程:2月24日(金) 19:00~
講師:河上 裕 先生(慶應義塾大学医学部附属先端医科学研究所 細胞情報研究部門 教授)

◇*希少がん Meet the Expert*
https://oncolo.jp/rarecancer_mte/

~講義名~
第4回 悪性胸膜中皮腫

日程:4月14日(金) 19:00~
講師:後藤 悌 先生(国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科 希少がんセンター)

ピックアップニュース

免疫チェックポイント阻害剤の効果を血液検査で予測

ロシュ社の免疫チェックポイント阻害剤TECENTRIQ (atezolizumab) 特定の進行膀胱癌に対してFDAが優先審査品目に指定

故・川島なお美さんの「選択」に惜しむこと

がん診断支援システムIBM Watson for Oncologyが医師の推奨と高い一致度を示す

PD-L1発現の評価

【オンコロの最新情報はこちらから】

オンコロのフェイスブックでは最新情報を随時更新しております。
https://www.facebook.com/ct.oncolo/

【オンコロスタッフ大募集】

https://oncolo.jp/blog/staff

■オンコロは、株式会社クリニカル・トライアルが運営するがん情報サイトです。

※このメールマガジンはメルマガ登録をされた方にお届けしております。

※メールマガジンの配信先の変更、停止はこちら

※オンコロへのご意見・ご質問・お問い合わせはこちら

■オンコロ https://oncolo.jp/

■編集・著作・発行 株式会社 クリニカル・トライアル(英名:Clinical Trial Co., Ltd.)
https://www.clinical-trial.co.jp/