前回、がん患者会の活動そのものが「早期からあるいは診断時からの緩和ケア導入」の実践にもっとも適しているのではないか?という意見を披露した。

それには一つ条件がある。
がん治療医自身が患者会に参加し、運営に関わることだ。

「過重労働でそんな暇あるわけない」「必要性が理解できない」「学会での報告例がない」という声が多数聞こえてきそうだが、数々の疑問に関しては連載で順次回答していく。

続きを読む
http://ameblo.jp/miyazakigkkb/entry-12231818809.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:Sho(がん治療の虚実)
http://profile.ameba.jp/miyazakigkkb/


人気記事