新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

がん診療の画像下治療広がる…苦痛緩和 高齢者にも


  • [公開日]2020.10.19
  • [最終更新日]2020.10.19

がん患者に対し、画像で体内の様子を見ながら治療する画像下治療(IVR)が広がっています。
進行したがんの苦痛を和らげたり、がんを縮小させたりすることを目的に、大がかりな外科的処置をせずに行う治療です。

続きを読む
https://ux.nu/MmbU8

ニュース選定者:山﨑 和樹

yomiDr.
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

×